来てくれてあんがっと♡


にひにひ

現在の閲覧者数:
無料カウンター

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事


コメントありがとうペコリ(o_ _)o))


カテゴリー


QRコード

QRコード

最近のトラックバック


ランキング


リンク


月別アーカイブ


ブログ内検索


メールはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:


</comment><img src="http://hana.kuruten.jp/plant/1183413174282/plant.jpg">


RSSフィード


ブロろーぐ


グリムス


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
藤原種継が延暦4年 西暦785年 9月24日に、造営中の長岡京の工事現場で何者かに矢を撃たれてしまった。

長岡京に遷都した 桓武天皇の右腕として早良親王は身を粉にして働いていた。
右腕というのも 当たり前で 兄の桓武天皇につぐ皇太子であったのだから 当たり前のこと。

藤原種継は桓武天皇の寵臣であったので、種継を討って得をする人間
それは 早良親王ではないかという話が 藤原一族から出始めた。

まず、矢の腕の立つ者を逮捕し、拷問の末 意識朦朧としているところで、早良親王の配下の名前をだし うなずかせる。
その日のうちに逮捕 処刑。
事実かどうかも確認されることなく、早良親王も幽閉されました。

親王は否認し続け 桓武天皇に面会することを望みましたが、
この願いは聞き遂げられず、 淡路島に流刑される身となりました。

皇太子として帝に尽くし 謀反など考えたこともない早良親王にとって
兄の桓武天皇だけは 私を信じてくださっているはずだ。

兄に・・・帝に会わせてくれ・・・・

きっと 帝はこのことを知らされていないに違いない

私がいつ 謀反などをたくらむというのだ・・・・・

誰か 私の失脚を願うものの 陰謀だ・・・・

帝に会うまでは・・・私は食を断つ


高野新笠皇后から生まれた兄と弟
同じ母を持つ 一番信じれるはずの兄弟の争いになってしまった。

皇太子位 剥奪 淡路島流刑

淡路島に流されていく船の中で 断食により早良親王は絶命してしまった。
しかし 死体のまま 淡路島まで流刑され 荼毘に付されることとなる。

桓武天皇の皇子 安殿親王が皇太子の位に就いた。

その直後から 早良親王の怨霊に安殿が取り付かれ 苦しむことになる。


何も知らず 何もしていなくても 罪になる謀反
誰かと歌会を催す 謀反の打ち合わせになる。
懇意にしている者と 楽を奏でる会を催す。
これも謀反・・・・・・

そして 罪もない人々が 処刑 官位剥奪されていく。

無念だっただろうね。

これほど尽くし お慕い申し上げる帝に 裏切られた。
私は 私は 何もやっていない
何も言っていない・・・・・

直接話し合えれば 疑いも晴れただろう
しかし その機会は 巡ってこなかった。
巡ってこないというよりも 早良親王失脚により 安殿親王の皇太子即位 このことによって 一躍まつりごとに関わる強さを持つ一族の陰謀



言いたい事を 何も言わせて貰えず。
知らない事を 事実のように語られ。
してもいないことを やったと言われ。
信じていた者に裏切られ。
仲睦まじかった者にも 背中を向けられ。
誰にも信じてもらえない。
誰も 早良親王の言葉を聞いてくれない。

帝に楯突く事の方が恐ろしいものね・・・・・

真実は無実だと 思っていても 誰も何も言えない・・・・
誰も かばってはくれない・・・・・

それどころか 信じていた者が 話を捻じ曲げて帝に注進していたり

その死後 何か悪いことが起こるたびに 祟りだと言われるのも実は怒ってるかもね。


怨霊になどなっておらぬ・・・・・

祟ってなどおらぬ・・・・・


陰謀によって 弟を死に至らしめた 桓武天皇は後に崇道天皇と追称を早良親王に付け 鎮魂の儀式を何度も行っている。
これが 罪なき弟を追いやった 罪滅ぼしなのかしら?


この事件の元となった 藤原種継の娘が 藤原薬子
早良親王の後に 皇太子になったのが 安殿親王

薬子の乱に出てくる 二人・・・



陰謀渦巻く時代ですよねぇ。


そして 歴史は 桓武天皇側による史実だけが 後世に残されることになるのです・・・・・・・


私は 何もやっていない・・・・・


私は 帝の事を信じていた・・・・・

私は・・・・・裏切ってなどいない・・・・・

私は・・・・・帝になどなりたいと願ったことも無い・・・・



私は・・・・・


私は。。。。。






誰も信じてくれなくても 私は私が信じる。

それでいい・・・・・・・・



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://madarahime.blog85.fc2.com/tb.php/7-15daa46a


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。